カラオケが苦手な男性におすすめの曲を教えます

こんばんは。梅雨の季節になりましたね。みなさんは雨の日はどう過ごしますか?

雨の日に誰かと出かける予定だと、できることは限られてきます。ボウリング、水族館、カラオケ、、、、

カラオケ!!!!!

みなさんはカラオケは好きでしょうか?

僕はどちらかと言えば苦手な方に入ります。家で一人で歌には好きなんですけど、大勢の前で歌うのが苦手です。

「今日は雨やからカラオケでも行くか!」となった日には心の中で「カラオケ??まじかよ、、、」と思っています(笑)

断れる時は理由をつけて帰るのですが、どうしても無理な時はあると思います。会社の付き合い、先輩の誘いなどです。

ただそういう場合は必ず、歌わなければならない状況になりやすいと思っています。歌わなければ「ノリが悪いぞー」なんていう人も居ますからね。

そういった時におすすめの曲を紹介したいと思います。

気をつける2つのポイント

おすすめの曲を紹介する前にカラオケで気をつける2つのポイントを教えます。

まず一つ目は年上の人がいるなら目上の人がまったく知らない曲はできるだけ避けましょう。職場の上司などが該当します。

これは人によるのですが、自分が知らない曲を歌われると嫌な思いをする人がいるようです。そのような場合はおそらく知っているであろう曲を歌いましょう。

50代の人に「プリキュア」の歌を歌っても分からないことが多いでしょうから(笑)

もちろん「仲が良い人」や「お互いを理解し合っている仲」であれば大丈夫ですよ。TPOで行動しましょう。

もう一つが歌う順番です。曲を入れる順番とも言えますね。多くの人がトップバッターを嫌がると思いますが、実はカラオケが苦手な方は、トップバッターで歌った方がいいのです。

苦手だと思う方は「人前で歌って、下手だと思われるのが嫌」と思っている人が多いと思います。そこで、最初に歌えば人と比べられにくいのです。

実は、カラオケで「下手だなぁ」と思われるのは「一曲前に歌っていた人」と比較されていることが多いのです。

ですので、一番最初に歌うと一曲分だけ得をすることに繋がります。

また、一曲歌うと「歌ったことになる」のでそれ以上歌わなくてもいいかもしれない時もあるかもしれません。

そこで自分のターンが来ないのならトップバッターを飾りましょう!

カラオケ苦手な男性へ送るオススメの曲

前フリが長くなりましたが、カラオケが苦手な方におすすめする曲を紹介します。

①B’z「ウルトラソウル」

すこし古い曲ですが、多くの人が認知している曲です。テンション高く歌うことで多少ヘタでも笑いを取れます。盛り上げることも間違いないので、オススメの曲です。

②ゴールデンボンバー「女々しくて」

こちらも「ウルトラソウル」同様にテンションが高めの歌になります。ウルトラソウルが歌われていた場合に歌うといいかもしれません。

③ピートマック・ジュニア「ルパン三世のテーマ」

こちらは誰でも知っているアニメ「ルパン三世」の主題歌です。音程もそこまで高くないので歌いやすいと思います。年配の方のウケもいいですよ。

④TOKIO「宙船」

TOKIOが歌っている「宙船」です。こちらは若い方がいれば盛り上がると思います。中島みゆきさんの曲をアレンジした曲なので年配の方も分かるかもしれません。歌いやすくてオススメです。

⑤スピッツ「ロビンソン」

多くの人が知っている名曲。早くなく、歌いやすいのでオススメです。スピッツは「チェリー」や「空も飛べるはず」なども歌いやすいので、一通り練習しておくといいかもしれません。

⑥有名だけど歌詞が分からない英語の曲

これはカラオケが苦手な先輩がやっていたテクニックなのですが、聞いたことがある海外の曲を歌えるフリをして、少しだけ歌っていました。大抵の場合サビしか分からないので、これでも通用するかもしれませんね。

まとめ

カラオケに行きたくないけど、行かなければならない時もあると思います。

私もサークルの追いコン、新入社員歓迎会などで行かなければならない状況が多々ありました。

ですが、「行かなければならないのならば、楽しもう!」という気持ちでカラオケという場に臨んでいます。場数を踏むたび慣れていくような気もするので、結局の所慣れなのかもしれません。(僕の場合は慣れても歌はうまくなりませんが、、、、)

この記事で少しでもカラオケが苦手な方の救いになれば幸いです。