2泊3日の韓国旅行へ合計20000円以内で行った話。ただし…..

こんばんはー。最近ジメジメして眠りにくいですね。あまり寝れていないのか、仕事中ウトウトしてしまいます(笑)上司にバレていなければいいのですが….

それはさておき、先日コスパのいい旅の仕方を提案したのですが、その記事で「2泊3日の旅行で韓国へ20000万円で行った」ことを書きました。

大学生必見!大変だけどコスパのいい旅をしよう!

今日はその出来事を詳しく振り返ってみたいと思います。海外旅行へ格安で行きたい方は役に立つかもしれません。

なぜ韓国に行こうと思ったのか?

最初に「なぜ韓国へ行こうと思ったか」という点についてお話します。

僕は趣味が旅行で、よく旅行へ行っていたのですが、国内がメインでした。そこで海外旅行にも行ってみようと思ったのですが、お金がありませんでした(泣)

なぜなら、バイトをしていなかったからです!というか、したくなかった!

バイトってめんどくさいですよね。そんな時給も良くないし…..

そんな中、僕の友達でもあるA君(仮名)がカナダ・アメリカ横断旅行をしていることを聞きました。あれは大学生2年の冬でした。

僕はその時に、なぜか知りませんが、A君に対抗心を持っていました。理由は今でも不明です。

彼は僕と同じように旅行が好きでよく旅をしており、よく旅行へ行った話をよく聞きました。

そんな彼が戻ってくると海外旅行へ行った自慢をしてくると思いました。そこで僕は「同タイミングで海外旅行へ行けば俺も自慢できる」と考えつきました。

そんなしょうもない対抗をするために異国の地へ足を踏み入れことになったのです。

とりあえずお金がない

海外旅行へ行くことを決めたのはいいのですが、とにかくお金がありませんでした。

その頃は、一人暮らしで家賃や食費を払わなければならない状態だったからです。

その上、週3回ほど飲みに行き、パチンコで月7万ほど消化する、タバコはとまらない、というクソみたいな生活を送っていました。

更にバイトはしていないとなれば、どうしようもありません。ついに僕は家のいらないモノを売ることにしました。使わなくなったスマホ、PS3とそのソフト、友達にもらったボロPCを売りなんとか2万円ほど手にすることができたのです。

しかし、2万ではカナダ・アメリカに匹敵することはできないと感じました。それなら、逆に2万でトコトンやってやると心に決めました。

格安航空券をゲットできた

2万円が振り込まれた、数日後….僕はたまたまピーチのセールを見つけたのです。なんと大阪から釜山が片道2990円でいけるということでした。

心の中で「うぉぉーーーーーーーーーーーーーー」と思ったことは今でも忘れられません。

しかし、ネットで調べてみると「競争率が高く、なかなか予約できない」と書かれていたので、セール始まる瞬間に買えばいいと思いました。

セール当日…..僕はパソコンの前でスタンバイをしていました。いつでも買える用意を。

そしてセールが始まった途端に必死に目的のチケットを探しました。そしてなんとか大阪から釜山への往復切符を手にすることができました。帰りが少し高く、往復で7500円でした。安いっすね。

旅行はノープランに近い

そんな感じでチケットを手にしましたが、ゲットしたことで心が燃え尽きてしまいました。プランを考えるのがめんどくさくなったのです。

なので、ホテルと行きたいところを数ヶ所ピックアップするだけにしました。もちろんホテルは安いところを選びました。2泊で4000円ぐらいの民宿風ホテルです。

行きたいところは特になかったので、本屋でガイドブックを手にしてみるとカジノがあることを知りました。なんとピックアップしたのはそこだけです。ギャンブル依存症は怖いっすね。

最終的に決めたのは、ホテル、航空券、カジノへ行くことだけでした。

韓国旅行へ出発

そうして僕は一人、異国の地へ行きました。中古で買った216円のガイドブックと共に…..

15時ぐらいに釜山へ着いたので、初日はすぐにホテルまで行きました。次の日に備えて早く寝たいからです。

ホテルまでは特に迷うこともなかったのですが、夜ご飯選びに苦労しました。韓国では一人で食事をする文化がなく、できるだけ少なそうな店に入りたかったからです。

日本語メニュー付きで人が少ない店を探すのはなかなか難しかったですが、最終的にサムギョプサルの店に入り、食事をしました。

そこまで高くなく、本場の味を楽しめたので良かったです。その後は帰ってシャワーを浴びて寝ました。

2日目は地下鉄一日乗り放題で様々な場所へ行きました。海水浴場、海鮮市場、街中まで隅々まで行きました。

乗り放題切符は確か500円ぐらいだったと思います。特に買い物もしなかったので、昼ごはん代と切符代ぐらいしか使っていません。

ちなみに昼ごはんはサムゲタンを食べました。健康に良さそうな味でしたね。

その日は色々なところを観光しすぎて疲れたため、ホテル近くの店で食事をしました。よく分からない定食を食べました。キムチが多すぎましたね。食事後、宿へ戻りました。

そして、最終日。ここが一番思い出深いです。その日はとても晴れた日だった……

チェックアウトギリギリに起きた僕は、手早く準備をして、カジノ(唯一目星をつけた場所)へ向かってしまったのです。

ほんとにゴミクズ人間です。

入り口でパスポートチェックを受けて、入場した先にはラスベガスのような素晴らしい景色…は広がってませんでした。

確かにキレイでしたが、だだっ広い空間にスロット台やルーレット台があるような感じでした。

帰りの運賃と晩御飯のお金だけを残して、全額チップに換金。そのチップでルーレットに挑戦しました。

もちろん負けたくないので、ほぼ二分の一(0と00があるため)で当たる「赤と黒のどちらか」を当てることにしました。

悩んだ末に、僕は赤に全チップを投資して、「一回で帰る」決意をしました。

運命のルーレットが回る…..カラカラカラカラカラカラ…..そして出た色はなんと….00、つまり緑。

ほぼ2分の1をスルーしたのです。イミワカラナイ…….

そうして、呆然としたまま、カジノ場を後にしました。その後は空港に戻り、ビビンバを食べて韓国旅行の終わりです。

韓国旅行を終えて

正直、カジノであんな結果が出ると思っていなかったので、帰ってからもネタとして使っていました。なかなか出ないですからね。00なんて….

まぁ、カジノでの負けは落ち込みましたが、全体的に楽しい旅でした。途中、韓国人に間違われて韓国語で挨拶されたり、乗務員にも韓国語で声を掛けられたり(全然、日本人に見られなかった…….)

まとめると、旅行をしたというより、話のネタを作りに行ったような旅行でした。

最終的に使ったお金は19000円程度。お土産なんかを一切買ってないこと、入場料が必要なところは行ってないのが大きいです。

しかし、あのカジノに行かなければ、もう少しお金を残せたかもしれませんね。

安く海外旅行に行きたい人は、ホテルとご飯を安く抑えることが重要だと思います。以外に海外は公共交通機関が安かったりすることもあるようなので、移動にも気を配るのも一つの手ですね。

是非とも、いい旅をしてください。くれぐれもカジノは気をつけるように。グッドラック!