やはりスマホのサイズは4インチが最高だ

こんにちは。突然ですが、皆さんは自分のスマホの魅力を言えますか?

私は自分のiPhone SEを愛しており、その魅力を多くの人に伝えられると自負しています!

ということで今日はiPhone SEと時代に逆行している4インチスマホの魅力を勝手に紹介します!(いきなりかよ)

まず私のスマートフォン所有歴を言いますと

ガラケアクオスフォンIS11SH→Galaxy s2→Galaxy Note3→iPhone 6 Plus→iPhone SE の順でスマホを乗り換えてきました。

Galaxy s2までは小さなディスプレイでしたが、現在使用しているiPhone SEまでは大きなディスプレイを持つスマホを使用しており、両方の良い点と悪い点を見てきました。

ですが、最終的には現在使っている4インチのスマホの魅力に取り憑かれてしまいました。それほど素晴らしいサイズなのです!

それでは、4インチの魅力を伝えていくとしましょう!

大型ディスプレイのメリット・デメリット

まず最初に大型ディスプレイのメリット・デメリットを考えてみます。

メリット

①画面が見やすい

大型ディスプレイの一番良い点は画面が見やすいことだと思います。特にキレイな映像だと感動することは間違いありません。

高齢の方は大型ディスプレイの方がいいかもしれませんね。

②操作が簡単

大型ディスプレイのスマホを利用していると、見やすいと同時に操作しやすいです。

小さい画面でゲームなどをしていると、操作ミスでゲームオーバーなんかはザラにありますからね。こちらは大型ディスプレイの特権です!

デメリット

①ポケットなどに入れにくい

大型ディスプレイの一番難点だと感じる部分は、こちらのポケットなどに入れにくいことです。

「カバンに入れたらエエやんけ」とか言われそうですが、近くのコンビニに行くのに、カバンなんて持ち歩きたくないですよね?

僕は基本手ぶらで行動するので、こちらが一番難点でした。

②意外に電池持ちが悪い

大型ディスプレイは意外に電池持ちが悪いです(少し前の話なので、今は変わっているかもしれません)。

大型ディスプレイだと画面表示に大きな電力を使うのかもしれません。

小型ディスプレイのメリット・デメリット

今度は小型ディスプレイのメリット・デメリットを挙げてみます。

メリット

①片手で操作ができる

小さい画面だと片手で操作できるのが魅力です。特に電車などでは役に立ちます。

以前使っていたiPhone6 Plusは電車の中で使用すると、片手では操作が困難でしたが、4インチのiPhone SEを使用するとつり革を持ちつつ操作することが可能でした。

暇な通勤時間などで利用できるのはかなりの強みでしょう。

②小さいのにスペックはそこそこである

iPhone SEを利用していて思うことの一つに「小さいのに意外にヌルヌル動く」ことが挙げられます。

ゲームをしつつ、音楽、たまに攻略サイトを見ていても意外にフリーズしません。そう考えると、コスパは最強だなと思います。

デメリット

①紛失しやすい

小さい分紛失しやすいと思います(僕だけかもしれません…..)

Apple製品であれば、「iPhoneを探す」機能があるので安心です。Androidにもあるようですが、イマイチ浸透していないようですね。

まとめ

↑僕が使用しているiPhone SE(ボロボロなのはご容赦ください)↑

簡単にメリットとデメリットを挙げてみましたがいかがだったでしょうか?

結局のところ、自分の使い方次第で変わってくるというのが本音です。ゲームメインなら大型ディスプレイ、あまり使わないなら小さなディスプレイで十分だと思います。

僕はiPhoneを外出用で使用しており、音楽、ネット、電話、SNS、将棋などのゲームしかすることがありません。iPadをハイスペックゲームや写真編集などに利用しています。

ですが、これだけは言わせてください。4インチディスプレイは最高です!

小さくて、操作性も良くて、なにより手にフィットする!毎日手にすると素晴らしさに気づきます(ジョブズ万歳!)

なので世界中のスマホメーカーのみなさん、4インチのスマホを無くさないでください!一機種だけでいいので残してください!

とくにApple社のみなさん宜しくお願い致します。次回のiPhone SEは大型ディスプレイにしないで、4インチ据え置きでお願いします!

要望としてはNFC搭載、ベゼルレスの4インチが最高です。明日開催のWWDCで期待しています。