生活費に困ったらとりあえず自炊しろ

こんばんは。新年度になって一人暮らしを始めた方も多いと思います。

一人暮らしをしていると様々な問題が発生しますよね。掃除、洗濯、お金の管理など面倒な問題が山積みになります。母親が神に思えてくるほどです。

中でもお金の管理は大変です。生活費を考えて使わなければならない上に、友達との遊びも大事。しかし、大学生であれば授業があってアルバイトの時間も厳しい。社会人であれば付き合いをしなければならない。そんな人も多いと思います。

生活費を見てみると、実際に出費が多いのは、家賃と食費です(もちろん買い物をたくさんするなら買い物代が一番の出費になりますが…)

その内の家賃を抑えるのは引っ越しや実家などに戻るなどの方法がありますが、簡単ではない場合が多いです。ですので一人暮らしでお金を抑えるのなら食費を減らすことがオススメです。

なので、今回は僕が実践している食費を抑える方法を紹介したいと思います。

理想とする生活費の割合

まず、最初に理想とする生活費の割合について考えてみましょう。

僕は大学生の頃にお金の学校である「ファイナンシャルアカデミー」の無料講座に参加し、理想の生活費について学んだことがあります。

そこで講師の方が仰っていたことは2割を貯蓄、もう2割を自己投資、残りの6割を生活費に充てるということです。

例えば給料や仕送りなど合わせて10万であれば2万を貯金へ、2万を自分がなりたいもののために使う(勉強道具・株式投資など)、残りの6万を家賃や光熱費、食費などに充てるということです。

まぁ、理想なので実際に生活してみると難しい場合が多いですが、これをモデルにして生活費を考えてみるのもいいかもしれませんね。

お金の教養講座が気になった方は見てみてください。

僕の生活費の割合

社会人である2年目の僕の手取りは約15万です(社宅なので家賃・光熱費は給与より天引きされた額です)

一人暮らし社会人サラリーマンの僕の場合、生活費はこんな感じです。

3万 奨学金返済

2万 食費

4万 自己投資(セミナー費・書籍代)

1.5万 車のローンなど

1万  ネット・携帯代・生活必需品代(シャンプーなど)

2万 趣味・交際費、衣服等

残りの残ったお金を貯金へ(ほとんど残りません…)

大体ですが、こんな感じです。僕の場合は借金返済が多いですね(笑)

自己投資に関しては自分ではかなりしている方だと思います。今回は食費についての記事を書こうと思っているので省略しますが、自己投資についても今度ブログで取り上げようと思います!

食費に関しては結構少ないほうだと思います。実は昼は毎回外食ですからね。昼は大体600円前後が多いです。僕の生活費は食費によってカバーされていると思っています。

食費を抑える心得

さあ、本題に入りましょう!僕は記事のタイトル通り、生活費のなかで食費を抑えて生活しています。もちろん、食事量を減らしているわけではないので、安心してください。僕の場合は1回の食事で1.5〜2合はお米を食べますから(笑)

食費を抑えるポイントは下記の3つのポイントを抑えることが重要だと思います。

外食はできるだけ控える

まず、第一に外食は基本的に控えましょう。

僕は昼ごはんを外食にしているので月2万にしていますが、実際に外食をしなければ月1万5千円以内で収まると思っています。

それだけ外食は高くつきます。

もちろん、外食でも牛丼並などの安い商品を毎日食べれば食費は安くなりますが、健康上良くないなどのデメリットが目につくのでオススメできません。

逆に自分の好きなものを食べ続けるとなると、外食はお金がかかります。

ちなみに僕が外食する理由は冷たいご飯が苦手なこと、仕事中にテンションを上げるためです。

あとは、外食よりは安いですが、コンビニはできるだけ使わないようにしましょう。便利なコンビニですが、スーパーにいけば同じ商品が安く置いてあるということも多々あります。

以上の点から外食・コンビニの利用は避けましょう。

食材は一週間まとめて購入

2つ目のポイントは食材は1週間分をまとめて買うことです。

これは、必要のないものを買うことを抑えることに繋がります。

やはり、買い物に行ってしまうと、ついつい必要のないものをカートに入れてしまうことが多いと思います。

僕は週1回の買い物で多くて2500円です(お菓子など入れて)

ちなみに自炊をする上で万能なアイテムは「米」「卵」です。最悪、これさえあればなんとかなります。

卵と米を買えば、卵かけご飯、チャーハン、オムライス、親子丼などアレンジが効くのでおすすめです。

卵、鳥肉、カット魚、カット野菜、納豆、キムチ、豆腐、冷凍餃子などが安くてオススメですね。

スーパーマーケットを研究する

最後のポイントはスーパーマーケットを徹底的に研究することです。

「何を言ってんだよ!」とか思う人もいるかもしれませんが、同じスーパーの系列でも価格が違うことは大いにあります。

例えば、イオン系列のスーパーだとイオンの中にあるスーパーと系列店のマックスバリュでは価格が違います。

また、マックスバリュでも店舗ごとで値段が違うことも理解しておくべきです。

そして、食費を抑える上でいちばん大切なことは、割引を始める時間を頭に入れておくことです。

僕が行っているスーパーは18時ぐらいに20〜30%割引のシールを貼り始めます。そして、19時半頃には半額のシールが貼られ始めるので、そこを狙っていけば、商品が半額で買えることになります。

そして、半額の商品を1週間分まとめて、購入する。それだけで買い物の費用はかなり抑えることが可能です。

注意すべき点として、半額の商品は消費期限がその日ということが多いので、炒めるなり、冷凍するなりをすぐにしておくことです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

新生活を始めて食費に困っている方のお手伝いができれば光栄です。

最初は「料理なんか作れない!」とか思うかもしれませんが、1人で食べるので、見た目など気にせず、美味しければいいと思います。

また、料理ができなくても材料名をクックパッド調べれば、レシピや料理法はでてきますからご安心を!

それでは、良き自炊ライフを!