ダニに悩んだ時の解決方法を3つ紹介します!

こんにちは。

ダニに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

今は冬でダニが出にくいですが、夏になると無限に湧き出てくるダニが嫌になることも多いです。

僕自身ソファにいたダニを退治できずに、ソファを捨ててしまいそうになった経験があります。

なので、今日はダニに悩んだ時に解決する方法を記事にしますので、参考にしてもらえれば幸いです。

ダニの種類について

まず、我々が日常的に対峙しているダニについて書きます。

日本で多く見られるダニは家の中にいる屋内ダニと家の外にいる野外ダニの2種類に分けられます。

屋内にいるダニ

チリダニ

1年中見られるダニ。
ソファや家具などに多く生息します。人を刺すことはありませんが、チリダニの糞や死骸などでアレルギーになります。

ツメダニ

人間に刺してくるダニがこのツメダニです。
他のダニを餌としているため、ツメダニ以外のダニが発生すると出てくる可能性が高いです。

イエダニ

ネズミに寄生するダニ。
ネズミに寄生しているが、ネズミが死んだ場合、人の生活域に出現し吸血する場合もあります。

コナダニ

繁殖力が強いダニ。
人を刺してくることはありませんが、ツメダニの餌となるためツメダニからの被害が増えます。

イエダニとチリダニが家庭に出てくるダニの割合の多くを占めます。

野外ダニ

マダニ類

全国の山林に生息するダニです。最近では公園や河川敷でも見られます。

刺されると感染症を引き起こす可能性があるためとても危険です。

ツツガムシ

野外にいるダニの1種でとても危険なダニです。山林や草地に生息します。

ツツガムシに刺されると感染症を引き起こします。中には死亡例があるので、とても危険なことが分かりますね。

私が体験したダニエピソード

ここで、一回私が体験したダニエピソードを紹介します。

冒頭部分で書きましたが、僕はダニによってお気に入りのソファを捨ててしまいそうになりました。

捨ててしまいそうになるまでの流れはこうです。

僕の友達が家に来た時に、ベッドが使えなかったため、ソファで寝てもらうことにしました。
翌日、友達が「全身が痒い」と言うので、見てみると赤い点が全身にありました。

冬で気温も5度くらいだったので、蚊でなく、おそらくダニだろうという結論に至りました。

そこから友達経由でダニがいるソファの話が広がったため、「ソファを捨てた方が良い」というアドバイスを色々なひとからもらったのですが、貧乏学生の僕はソファを捨てることがなかなかできませんでした。

そこで、インターネットで調べていると、ダニ捕りマットを知ることができました。

ダニ捕りマットは設置するだけでダニを退治できるので、放置しておくだけでダニが居なくなりました。

そして、友達にもう一度泊まってもらい、ソファのベッドに寝てもらった所、ダニ刺されはなく平穏になったとさ…めでたし、めでたし…という話です。

何が言いたいのかというと面倒臭がりな人はダニ捕りマットを設置しておきましょうと言う話です。

ダニの退治方法3つ

天日干しする

一番簡単なのが、この天日干しです。晴れた日に布団内の水分を飛ばしましょう。
ダニは高温・乾燥は嫌いなので、天日干しが有効です。

ダニ取り掃除器を使う

ダニ取り専用の掃除機を買うのも一つの手です。

難点として、ダニ捕り専用でしか使えない、めんどくさいと言う問題があります。

そこは人によりけりなところはありますが…

また、天日干しをした後にも掃除機を使うとより効果的です。

ダニ取りシート

僕がダニが生息するソファに対して使った方法はこのダニ取りシートです。

僕はこのサイトを使ってダニシートを知ったのでこのサイトを使うと良いと思います。

プロのダニ測定士が暴露!本当にダニ捕りロボが効果ないのか徹底検証!|【決定版!】ダニ測定士がダニ取りシートの効果を実体験で徹底比較!

先程も書きましたが、僕は掃除を面倒臭いと思う人間なので、面倒臭がりな人はダニ取りシートが良いと思います。

まとめ

ダニは時期によって発生するものもいれば、1年中生息するダニもいます。

ダニに悩まされて、日常生活に支障をきたすのは嫌ですよね。早く対処方法を見つけて、健康的な生活をしていきましょう。

少しでも参考になれば幸いです。